write
(画像=NIKCOA/Shutterstock)

ここでは、自己宛小切手を活用した特殊詐欺の防止策を解説します。被害が疑われるお客様に案内しましょう。昨今、高齢者を狙った特殊詐欺は増加傾向にあり、金融機関も被害の防止に努めることが強く求められています。

高齢者を狙った特殊詐欺の手口には、オレオレ詐欺をはじめとする振り込め詐欺や、直接現金の受渡しを促す手法など様々なものがあります。金融機関の窓口では、高齢者が多額の現金の払戻しを希望する場合、資金使途等を慎重に聞き取るなど対策を講じています。

ただし、本当の使途等を教えてくれることは多くありません。あらかじめ犯人から、金融機関に話を聞かれたときの回答方法を指示されていることがあり、中には注文書などのエビデンスまで用意しているケースもあります。窓口での聞き取りだけで被害の防止を図るのは容易ではありません。

人物の特定が可能になる