退職後の財政問題に対処するために今こそ立ち上がるべきだ

定年退職者の半数以上が老後のための貯蓄を遅らせており、中には50歳代で貯蓄がほとんどない人もいるという。

米経済の好調にもかかわらず、退職に向けて財政的な準備ができていると答えた米国人は4人に1人にすぎないことが、水曜日に発表された新しい調査で明らかになった。

米公認ファイナンシャル・プランナー基準委員会の調査によると、回答者の79%が「自分にとって最高の退職後の貯蓄計画があると安心していない」と答えている。CFP(Certified Financial Planner)理事会は、この結果は消費者が退職に向けての貯蓄について、どのような選択肢があるかを知らないことと関係があるかもしれないと述べた。