モトリーフール米国本社、2019年5月9日投稿記事より

石油メジャーのシェブロン(ティッカー:CVX)は9日木曜、アナダルコ・ペトロリアム(ティッカー:APC)の買収を断念すると発表しました。

買収 断念
(画像=Getty Images)

オキシデンタル・ペトロリアム(ティッカー:OXY)との買収競争から降り、オキシデンタルがアナダルコを買収することになりました。この発表後、シェブロンの株価は2%以上上昇しました。

当初、シェブロンによるアナダルコ買収は大きなドラマもなく終わるとみられ、両社は買収で合意していました。しかし、オキシデンタルが参入し、アナダルコはいったんオキシデンタルの買収提案を見送りましたが、オキシデンタルが現金比率を高めた提案を再度出したことで再検討し、オキシデンタルの提案受け入れを決めました。その後、シェブロンが対抗提案を出さないことを発表しました。

シェブロンCEOのマイケル・ワースは、「いかなるコストをかけてでも勝ち取るわけではない。シェブロンは、買収のためにリターンの希薄化や株主価値の低下を目指すわけにはいかない」と述べました。なお、シェブロンは、合意違約金としてアナダルコから10億ドルの現金支払いを受けます。

シェブロンは今年50億ドルの自社株買いを予定しており、アナダルコからの10億ドルもこれに費やす予定です(提供: The Motley Fool Japan


フリーレポート配信
モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。