people
(画像=turgaygundogdu/Shutterstock.com)

課題3 人材の採用業務にあまりお金をかけたくない・かけられない…

企業にとって人材は経営の重要な要素だが、一方で特に中小企業であればできる限りコストをかけずに採用したいというニーズもあるだろう。

そのような取引先に情報提供できるのが「助成金」である。助成金は補助金と異なり、定められた要件を満たせば、原則的にどの企業でも受給できる。代表格が厚生労働省の「特定求職者雇用開発助成金」である。この助成金は、高齢者や身体障害者等を雇用した際に受け取れるものだ。

助成金を受け取れるのは雇用後であることに注意