people
(画像=tomertu/Shutterstock.com)

課題5 優秀な人材・技術を継承させられるような専門的な人材を採用したい…

企業を永続的に継続していきたいと経営者が願う限り、優秀な人材を採用し経営資源をバトンタッチし続けていく必要がある。とりわけ製造業においては、技術の継承が重要なポイントとなる。

筆者が知るある企業は、金属の曲げ加工を得意としており業界でも高い技術力が評判のメーカーだ。その企業の技術がなければ精密な鉄道部品が作れず、新幹線を走らせることもできないといわれるほどだ。

しかし、あるとき、車両メーカーの調達担当者から取引の縮小を宣告された。聞けば「今の御社の技術力はピカイチですが、それをこの先30年、40年と維持することは難しいのではないですか。なぜなら次の世代へ技術の承継がうまく進んでいないからです」とのこと。愕然とした経営者はすぐに対応策を講じることにしたが、技術の承継が企業の生命線となることはこの例からも見て取れる。

退職する自衛官を採用するという手も