いずれも、今後12カ月間にインフレ率の中央値の約三倍に上昇すると予想されている。

U.S.消費者は、今後1年間で大学の費用は医療費とほぼ同程度に増加すると予想しており、いずれも全体的なインフレ率の中央値の約3倍に上昇する。

最新のニューヨーク連銀消費者期待調査によると、大学の費用の中央値は7.2%上昇する一方、医療費は7.8%上昇し、全体的なインフレ上昇率はわずか2.6%にとどまると予想されている。