10年近く取引をしていない銀行口座を持っている場合には、今すぐ口座を確認し、金融機関に連絡してみましょう。2009年1月1日以降の取引から10年以上取引のない銀行口座にある預金は、2019年1月1日から「休眠預金」とされ、預け入れているお金が預金保険機構に移管されてしまう可能性があります。ここでは、休眠預金の説明や、休眠預金となってしまった後の預金の引き出し方について紹介します。

休眠預金とは

10年以上,放置,休眠預金
(写真=iamtui7/Shutterstock.com)

2009年1月1日から、10年以上取引されていない銀行口座は「休眠預金」と見なされ、預金保険機構に移管されることになりました。つまり、休眠預金の対象となると自分の銀行口座からお金を別の場所に移されてしまうのです。移管された休眠預金は、民間公益活動など社会のために活用されます(休眠預金等活用法)。

ATMで少額のため引き出しができずに放置されていたり、引っ越し後に口座を使わなくなったなど、休眠預金になる理由はさまざまですが、1円であろうとその預金は自分のお金です。今一度、自分の保有している銀行口座を整理し、2009年1月1日以降から利用していない口座がないか確認してみましょう。

休眠預金になる前に通知は来るのか

最終の取引から9年以上が経過すると、各金融機関のWebサイトで公告が行われます。公告を閲覧し、自分の口座情報があった場合には速やかに金融機関に連絡しましょう。連絡をすることで休眠預金となることを防ぐことが可能です。さらに、預金残高が1万円以上あった場合には、郵送またはメールで通知が送られてきます。

住所やメールアドレスが変わっていて通知が届かない場合には、自動的に休眠預金となるため注意が必要です。また、預金残高が1万円未満の場合は金融機関の通知義務はありませんので、そのまま休眠預金となります。金融機関から郵便物やメールが届いたときや思い当たる銀行口座がある場合は、すぐに内容を確認し金融機関へ連絡してみましょう。

休眠預金を調べる方法

休眠預金になっているかもしれない口座が見つかったら、通帳や証書、口座番号を用意して、取引をしていた金融機関に問い合わせましょう。

休眠預金になっても引き出しは可能

休眠預金になったからといって、預金を完全に引き出せなくなるわけではありません。休眠預金になった後も、取引を行っていた金融機関で預金の引き出しは可能です。ただし、引き出しには金融機関での手続きが必要になります。休眠預金からお金を引き出す際には、取引していた金融機関で預金の引き出しに必要なものや手続きの方法について問い合わせてみましょう。

その際、登録されている個人情報が以前のものになっていないかも確認しておくと安心です。住所や指名に変更がある場合には、引き出しの手続きと同時に口座に紐付いた個人情報も変更しておきましょう。

引き出す際に必要な書類

休眠預金を引き出す際には、通帳と銀行印、本人確認書類が必要です。金融機関によって必要になる書類が異なる場合もありますので、事前に確認しておきましょう。休眠預金の引き出しと合わせて住所・氏名・印鑑などを変更する場合には、次のものを用意して、窓口で手続きを行います。

住所の変更…すべての通帳や預金証書、銀行印、本人確認書類
氏名の変更…すべての通帳や預金証書、キャッシュカード、銀行印、本人確認書類
印鑑の変更…印鑑を変更する通帳や預金証書と旧印鑑、新印鑑、本人確認書類

休眠預金になる口座の場合には、印鑑を紛失していることも考えられます。その場合には、事前に金融機関に連絡しておくと手続きがスムーズに進むでしょう。紛失後、新しい印鑑が登録されるまでには数週間かかることがあるため、手続きを急ぐ場合には注意が必要です。

面倒な手続きが必要になる前に、使っていない口座の確認を

日本では、預金者が名乗りをあげず10年間放置された口座にある預金が、2014~2016年で毎年約1,200億円発生しているといいます。この使われていない預金を、社会のために有効活用する方法として生まれたのが休眠預金です。しかし、使っていない口座にある預金だからといって、今後も使わないお金とは限りません。現金を口座においたままにして、長く放置している口座がある人は「休眠預金になっていないか」について今すぐ金融機関に問い合わせましょう。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
サービスで選ぶエグゼクティブのカード
プラチナカードの審査の仕組みとは