学生ローンを借りている10人に1人は苦しんでいる

ローンの金利の低下は、10年物国債金利の低下と連動している。

学生ローンの金利は3年ぶりに初めて低下し、来年の学年度では0.516ポイント低下する。

「savingforcollege.com」の出版社で副社長を務めるMark Kantrowitz氏によると、連邦政府のスタッフォード融資の金利は4.529%に下がり、大学院向け融資の金利は6.079%、連邦政府のparent PLUSローンの金利は7.079%に下がるという。