中国との貿易戦争が投資家に及ぼす影響とは

ファンドマネジャー達は、貿易戦争と中国の景気減速が懸念材料であると述べた。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが実施した5月のファンドマネジャー調査では、37%の投資家が貿易戦争をテールリスクのトップに挙げている。調査が5月3日から9日に実施されたことを考えれば、これは驚くべきことではないだろう。

5月10日金曜日、ドナルド・トランプ大統領が数日前に中国に脅しをかけた後、中国製品の2000億ドルに対する関税を10%から25%に引き上げた。中国は6月1日に発効した600億ドル相当の品目の関税で報復している。トランプ氏は1カ月以内に合意する可能性があると述べていたが、今のところ交渉は中断しているという。