アドバイザーから投資助言を受けたほうがメリットが多く、ポートフォリオが多様化する場合が多い

新たなデータによると、ほぼ2倍近くの取引を行っているという。

新たなデータによると、アドバイザーから投資助言を受けている投資家のうち、投資助言を受けていない口座(SBDA)に投資している場合、助言を受けていない口座の残高のほぼ2倍の残高を維持し、ほぼ2倍の取引を行っていることがわかった。

「Charles Schwab SDBA Indicators Report」によると、投資助言をされた口座の平均参加者の残高は436,593ドルで、前四半期の402,866ドルから増加している。一方、助言されていないIRA口座および401(k)の自己申告口座の残高は平均修正227,334ドルであった。