学生ローンの負債は会社の福利厚生を重要視しない原因につながる

AICPAの調査によると、ミレニアル世代は、他のほとんどのメリットよりもローン債務の支援を重視している。

米国CPA(公認会計士)協会が委託した調査によると、若年成人の求職者が就職市場に参入し、雇用機会を評価する際、学生ローンの負債が最大の懸念事項となっている。

オンライン調査でミレニアル世代に対して、どの3つの給付金が自分の財政目標を達成するのに最も役立つかを尋ねた。学生ローンの免除は、健康保険と有給休暇に続いて3番目に選ばれた選択肢だった。