自分へのご褒美や結婚記念のお祝いとしてなど、さまざまな用途に活用できる「百貨店友の会」が、その特典などから注目されています。なぜ百貨店友の会が注目されているのか、そして、利用する際の注意点なども踏まえて探っていきましょう。お得に利用して、ぜひすてきな思い出を残してください。

「百貨店友の会」とは?

百貨店友の会,注意点
(写真=AsiaTravel/Shutterstock.com)

百貨店友の会は、入会して、選択した額を1年もしくは6ヵ月間積み立てをすると、満期時に積立金額に加えて、ボーナス分がプラスされた額のお買い物券やお買い物カードなどがもらえるサービスです。例えば、1万円ずつ1年間積み立てをした場合、1年後に積立金額12万円とボーナス1ヵ月分がプラスされた13万円分の買い物カードなどがもらえます。

※百貨店友の会の内容は、各百貨店により多少異なります。詳しくは各百貨店にご確認ください。

百貨店ごとに違う百貨店友の会の特典&特徴

百貨店友の会の積み立て方法は、どの百貨店もほぼ同様です。しかし百貨店によって友の会の特典や特徴などが異なります。自分のライフスタイルに合った百貨店友の会を見つけてください。

高島屋「タカシマヤ友の会」

特典として、暮らしのヒントなどが掲載されている会報誌「ハミングタイム」が楽しめるほか、お中元・お歳暮の「5%ご優待券」、提携施設の優待サービス、そして各店で実施されるセミナーなどが優待で受けられます。また、関東各店では「5,000円観劇コース(1年間)」もあります。これは、1年の満期後に、6万円分のお買い物カードと、ボーナス分として観劇チケット(一部負担金がある場合も)がもらえるサービスです。

三越・伊勢丹・岩田屋・丸井今井 各店で使える「エムアイ友の会」

全国約600の提携施設で、食べる、泊まる、遊ぶ、鑑賞するなど、友の会限定のさまざまな優待が利用できます。お買い物カードは、全国の三越、伊勢丹などでも使えるため便利です。

大丸松坂屋友の会「JOY CLASS」

全国の大丸や松坂屋で利用できる友の会です。通常の積立金額に加えボーナス分が上乗せされる「ボーナスコース」のほかに、1年後に観劇に招待される「招待コース」(松坂屋名古屋店、松坂屋豊田店のみ)、積立金額にプラスして温泉やエステなど全国100以上の施設から選べて楽しめる「ごほうびプラスコース」などがあります。

松屋友の会「クラブMG」

お買い物カードは、松屋銀座、松屋浅草、松屋銀座マロニエ通り館などで利用できます。また会員限定の特別ランチをはじめ、バイヤーおすすめ商品などが掲載されている会報誌「ポジティブ」が毎月自宅に郵送されます。コンサートや観劇チケットなども購入できることから、友の会を通じて日々の楽しみや趣味も広がることでしょう。また、松屋友の会カルチャースクールの申込金が優待されます。顔ヨガ講座や自分史入門講座など、ユニークな講座が充実しています。

百貨店友の会を利用する際に気をつけるべき点とは?

百貨店の友の会は、すべて顧客の消費を促すために考えられたものです。そのため目的もなく行っていると、不必要な買い物をしてしまう可能性もあります。また、お気に入りのショップが入店している百貨店を選んで友の会に入ったとしても、そのお気に入りのショップが閉店してしまい、遠方の百貨店まで足を運ばなくてはいけなくなる可能性もあります。できれば、お気に入りのショップが複数ある百貨店を選んでおいた方が安心でしょう。

また元本保証や紛失・盗難時の補償がない点にも気をつけましょう。

百貨店友の会を賢く利用して、お得に楽しもう

普段から百貨店で買い物をしたり、食事をしたりする人や、百貨店にお気に入りのショップがある場合は、百貨店友の会によって百貨店をよりお得に利用できるようになります。しかし利回りのよさだけを考えて入会した場合は、必要のない買い物をしてしまう可能性もあります。とはいえ、満期後が楽しみになるこのサービス。好きな百貨店の友の会に入会して、自分へのご褒美の購入に活用してみてはいかがでしょうか。 (提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
サービスで選ぶエグゼクティブのカード
プラチナカードの審査の仕組みとは