税制改革により、奨学生は富裕層と同じ税率で課税される

2017年の減税法案のこの意図しない結果の修正は「Secure Act」に含まれており、今週採決される予定である。

この採決は急ぐと無駄になるケースかもしれない。2017年末に議会を通過した減税法案は、公聴会や少数党(民主党)の意見を無視した最初の法案が下院に提出されてから、2カ月もたたないうちに、奨学金を得ている大学生たちに予想外の減税法案を届けることになった。

授業料と書籍以外に支払われる学資援助の一部は、授業料以外の援助として知られており、2017年の減税法の結果として、これは不労所得とみなされる。よって、信託財産と同じ税率で課税される。これらの利率は、前受収益が9,150ドル以上の場合は35%、前受収益が12,500ドル以上の場合は37%である。