近代セールス
(画像=PIXTA)
行職員のギモン
年金制度について勉強していますが、思ったより複雑で苦しんでいます。年金についてのアドバイスがどれだけ役に立つのか疑問も感じ始めていますが、なぜ身につけたほうがよいのでしょうか?

「海外から仕事のオファーがあり、赴任すべきかどうか悩んでいる」。筆者へこんな相談をしてきたAさんは、大学病院に長年勤務する医師であった。

節目の60歳を迎える前に舞い込んできた海外赴任の話に高揚しながらも、Aさんの表情はやや冴えなかった。何でも、その仕事のポストにはAさんのほかにもう1人候補者がいるとのことだった。

そして採用面接では自ら希望年収を伝えなければならないのだが、妥当な金額の見当がつかないとのこと。年収を高く望んだ場合は不採用になってしまうかもしれないし、かといって現在の生活水準を下げてまで環境を変えたいとも思わない――。このように、Aさんは挑戦したい気持ちと生活を維持したい気持ちで日々揺れ動いている様子であった。

海外就労の相談なのに年金知識が役に立った!?