人生100年時代といわれる昨今、長い人生を充実したものにするために、気を使うべきは自身の健康です。健康のためにジムに行くのももちろんよいのですが、お金をかけずに、しかも楽しみながら運動したい人に試して欲しいのは、ランニングです。

ジムのマシーンでは長続きしなかった人でも、流れていく都会の景色を切って走る爽快感に、やみつきになってしまうかもしれません。ここでは、初心者から中級者まで楽しめる東京のランニングコースを5つ紹介します。

まずは5キロから!定番コースでランニング仲間を作る

東京,オススメ,ランニングコース
(写真=Phattana Stock/Shutterstock.com)

初心者がいきなり長距離を走るのは、足腰を痛める原因となります。まずは短距離でのランニングに慣れましょう。初めてのランニングで不安という人は、ランニングポータルサイト「RUNNET」でランニング仲間を探し、初心者コースでともに汗を流してみてはいかがでしょうか。

皇居外周

東京で5キロのランニングコースといえば、最も有名なのが皇居の外周です。都心に近く、周囲にはシャワーを浴びられるランナーズステーションも多くあることから、皇居ランニング、通称「皇居ラン」を行う人が多くいます。

皇居を周回するだけなら信号に行く手を阻まれることもありません。まずは1周の5キロから、慣れてきたら2周3周と距離を伸ばしてみましょう。

お台場ランニングコース

観光スポットのお台場にもランニングコースがあります。距離は3キロと5キロの2種類で、コース表示や距離の標識も立てられており、初心者でも安心して利用できます。レインボーブリッジやスカイツリーを眺めながらのランニングは爽快なこと間違いなし。

お台場ランニングコース利用後は、銭湯やランニングステーションで汗をさっぱりと流すこともできます。

慣れたら10キロに挑戦。自然の空気が感じられる2コース

5キロに慣れたら10キロに挑戦!東京都内でも自然が感じられるコースでランニングを楽しみましょう。

多摩川周回コース

多摩川大橋から丸子橋まで、川沿いをぐるりと走る9.6キロのコースです。川崎側の道路には土の部分があり、アスファルトによる足への負担も軽減できます。天気のいい日には富士山が見えることも。平坦で走りやすいこのコースを選ぶランナーも多く、大会の練習コースとして利用する人も多いそうです。

丸子橋にはランニングステーションもありますので、天気のいい休日は着替えを持って、多摩川でのんびりとランニングを楽しみましょう。

隅田川周辺コース

国の重要文化財でもある勝鬨橋から新大橋までの約10キロのコースです。信号が比較的少なく、緑豊かな公園やスタイリッシュなビル群、夕暮れには川面に反射する夕日など、様々な景色が楽しめるコースとなっています。

休日は東京観光30キロ!ランニング後のグルメも楽しもう

仕事で凝り固まった体をほぐすための休日ランは長めに設定します。長い距離をゆっくりと走るLSD(Long Slow Distance)トレーニングにもピッタリなのが、30キロのコースです。

有楽町駅近くにある、東宝シアタークリエビルをスタートし、皇居外苑に向かいます。皇居の外周を回り、途中半蔵門から皇居を抜け、四ツ谷駅方向へ。赤坂の迎賓館横を通り、明治神宮外苑を一周します。

次に、外苑前駅から六本木ヒルズへ向かい、都立中央図書館を抜け、東京都庭園美術館の周囲を回り、東海大高輪キャンパス方向へ。そこから、浜松町駅をぐるりと一周し、今度は東京タワーに向かいます。そして、虎ノ門駅前で金毘羅宮やビル街を横目に見ながら、皇居外苑まで走り切るとゴールです。

このコースでは、走りながら東京の観光名所を楽しむこともできます。東京観光に来たランニング好きの友人と一緒に観光案内をしながらランニング、というのも楽しいでしょう。ランニングステーションで汗を流した後は、ジャケットに着替えて皇居周辺にあるグルメに舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。

東京パレスホテル内にあるフレンチレストラン「CROWN」や、イタリアンレストラン「セラフィーナ ニューヨーク 丸の内店」など、高級感漂う落ち着いた雰囲気の中でランニング後の疲労を回復し、リラックスした時間を過ごしましょう。

ランニングで東京がもっと好きになる!

忙しい毎日の中で、街の風景はただ過ぎ去ってしまうことが多いものです。しかし、ランニングをしていると、街の空気を肌で感じ取れるだけでなく、新たな発見を楽しむこともできます。細い路地にある小さなカフェ、桜舞い散る中に現れた雑貨店、そこで生活を営むさまざまな人たち。ランニングにチャレンジすることで、東京での暮らしがより豊かに変化し、さらに健康にもよい影響が出てくるでしょう。(提供:Braight Lab

【オススメ記事 Braight Lab】
男1人、人生100年生きるといくらかかる?
30代から始める人生を健康に過ごす「3つの習慣」
人は15年働けば年収が億になる?100万人に1人の逸材になる方法
「不動産投資×プライベートカンパニー」で負担増サラリーマンを脱出する
不動産投資がビジネスマンに向いている三つの理由