子供は親と財政状況を共有することで、信頼を高め合うことができる

両親の退職の可能性を心配する子供は、自分自身の財政計画に自信がないとTIAAは指摘している。

TIAAの今週の報告によると、米国人の27%が両親の退職後の経済的安定を心配しており、自分自身の退職後の見通しに自信を持てない可能性は、両親のことを心配していない人の2倍だという。この結果は、「KRC Research」が米国の成人1,003人を対象に2月に行ったオンライン調査に基づいている。

また、回答者の57%は両親の退職後の資金計画が自分の計画に影響を与えたと報告した。続いて44%が多額の借金を避けていると答え、38%が生活に必要不可欠でないものへの支出を意識的に制限していると答えました。