今後25年間で60兆ドルを超える資産が世代間で相続されることになるため、アドバイザがクライアントの後継者と連絡を取ることがこれまで以上に重要になっている。 しかし世界的な調査・コンサルティング会社セルリー・アソシエーツの新たな調査によると、両親が利用していたアドバイザーと一緒に働くことを選んだと回答した富裕層投資家はわずか13%にすぎない。

親のアドバイザーを利用していないと回答した残り87%の投資家のうち、88%は利用を考えたことさえなかったと回答している。 (関連:ミレニアル世代はどうやって新しい富に投資するのか?) 関連:ミレニアル世代はどうやって新しい富に投資するのか?

「若い世代への富の移動は、資産管理部門が直面する最も重要な課題の一つである」と、The Cerulli Edgeの最新号で述べられている。「現在の顧客とそのアドバイザーの両方が年齢を重ねるにつれて、ほとんどの相続人が恩人であるアドバイザーやプロバイダーとの関係を保持しなくなるため、プロバイダーは現在の資産基盤に対して大きな脅威に直面する」 Cerulli氏は、アドバイザーは彼らに助言やガガイダンスを提供するため、手を差し伸べるべきだと強調している。