源泉徴収の「健康診断」

特に共働き世帯、複数の仕事を持つ労働者など、2018年に源泉徴収を調整した納税者に対しては、源泉徴収の「健康診断」を推奨している。

IRSは納税者に対し、納税申告シーズン後に源泉徴収を確認するよう注意喚起している。 2017年の減税法とIRSの源泉徴収表の変更の結果、ほとんどの納税者は昨年、より多くの収入を得ていたが、一部の人は、還付金が少ないか、返済義務があると感じた。