「私は、イノベーションはどこからか突然訪れるものではなく、インプルーブメントが呼び込むものだと考えております」--。

トヨタ自動車の第11代社長・豊田章男氏は、2019年3月期の決算説明会でこう述べた。

自動車業界の勢力図を一変させるインパクトを有する「CASE」(コネクティッド、自動運転、シェアリング、電動化)への対応が求められる中でも、改善の力こそが「持続的成長を支える競争力の源泉」(章男氏)だという。

急成長するIT企業が続々自動車業界に参入する中でも、トヨタが磨き続けてきた「武器」はまだ通用するのか。連載「経営トップ、発言の真意——WORDS by EXECTIVE」の第1回では豊田章男氏の発言を取り上げ、トヨタの事業戦略に迫る。

IT企業にはない武器を大いに活用する

TOYOTA, 豊田章男社長
(画像=Getty Images / ZUU online)

2019年5月8日の決算説明会。章男氏は、CASEの進展でトヨタも従来のビジネスモデルを変える必要があることを説明した一方で、「変えてはいけないもの、むしろ磨き続けていくべきものもある」と述べた。冒頭の発言はこの文脈で登場した。