ストレスは投資の判断力にも影響を及ぼす

最近の調査では、両グループとも昨年よりストレスを感じていることが明らかになり、ストレスが投資判断に影響する可能性があると警告している。

ファイナンシャル・プランニング協会および「Janus Henderson Investors」と「Investopedia」が最近発表した調査によると、ファイナンシャル・アドバイザーの71%、投資家の57%が、昨年に比べてネガティブなストレスを感じている。

その結果、投資家の最大の関心は、アドバイザーに支払う費用に見合った生涯所得をどう維持するかに集中していたが、自分の金融知識に自信がなかったため、金融不安とストレスの増大につながったことが分かった。