ファイナンシャル・アドバイザー
(画像=PIXTA)

運用相談の相手として、お客さまから選ばれる担当者と選ばれない担当者がいる。その違いは何なのか?
信頼を勝ち得ている担当者に共通する要素を紹介する。

すべてのFPが、日常生活ではエンドユーザーになる。例えば洋服を選ぶとき、どういう担当者から買っているだろうか?おそらくは、「自分の好みがわかってくれていて、似合う服を勧めてくれる人」「お洒落な着こなし方などについてアドバイスをしてくれ、自分のセンスが上がるサポートをしてくれる人」「今の流行や新商品の情報などを的確に教えてくれる人」ではないだろうか。

整理すると、「私のことをわかってくれている」人で、「私のためにプラスになる提案をしてくれる人」で、「よく勉強している人」ということになる。