相続人がいないとは、法的にどういう事か?亡くなった方に財産を相続人がいない状態を「相続人の不存在」と言います。相続人となるような人が戸籍上にいない場合や、相続人全員が「相続の放棄」や「相続欠格」や「推定相続人の排除」によって相続資格がない場合も含まれます。


相続財産はどこに行くのか?

相続人も特別縁故者もいない方が財産を残して亡くなった場合、債権などをさしひいた残余財産は最終的に「国庫帰属」します。相続人の全員が財産放棄した場合などでも同じですが、国のお金になってしまうのです。

検察官もしくは利害関係のある人(被相続人の債権者・特定遺贈を受けたもの・特別縁故者など)が申し立てをし、「相続財産管理人」の選出を行います。弁護士や司法書士が選出される事が多いようです。