拡散
(画像=PIXTA)

ツイッターの活用法

私は2010年にひょんなことからツイッターを始めることになった。きっかけは、日本のソフトウェアを世界に販売することを目的に設立された業界団体メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム(MIJS)が開催していたマーケティング手法の講演だった。MIJSのメンバーの数人が自らのプロダクトを周知するために利用していたのだ。

彼らはすでに多くのフォロワーを集めており、「フォロワーが2000人に達していないとやる意味がない」とまで言っていた。そうした話に興味を持ち、まずは彼らにやり方を聞きスタートした。

しかし、初めは何を投稿すればよいか分からなかった。そこで、彼らの投稿をチェックして真似をすることにした。まず投稿したのは、当時建設中だったスカイツリーの写真。これはこのときしか撮れない貴重な写真となった。そして、浅草の観光行事や三社祭を手伝っていたために撮ることができた写真。一般の人が入れない場所や角度から撮影した写真を投稿すると、思わぬ反響がたくさんあって驚いた。