現物分割は被相続人の資産をそのまま現物で相続していくもっともスタンダードな相続です。現物分割のメリットはシンプルにそのままの形で相続することが出来るのでシンプルな相続です。残された資産にマイナスになる借金やキャッシングの残高などがあるかどうかを確認し被相続人の資産を確認する必要もあります。


現物分割は被相続人の資産をそのまま現物で相続

現物分割は被相続人の資産をそのまま現物で相続するものです。そのため不動産などの家や車、バイクや宝石、株、預金、その他、様々なものをなどをそのまま相続することになりますので、そのため相続人同士で遺産分割協議を行っていく必要があります。


不動産などの家や車、バイクや宝石、株、貯蓄

遺産を上手に分割することが出来るようにどの資産を誰と分割していくのかを決めていきましょう。現物分割は株式や不動産などの家、又は土地を名義変更しますが、相続人と不意相続人の続柄と相続権の確認を行います。相続人の中に未成年者がいる時には現物分割を行う際には法定代理人を選定する必要がありますが、選定代理人の申請は家庭裁判所の許可を必要としますので、その分の時間がかかります。

相続人の続柄がはっきり分かるように戸籍謄本を利用して続柄の確認を行っていくことが求められます。そのため続柄がはっきり分かればその後に各相続人が遺産分割協議書を作成し、手続きを行っていくことが求められます。