man
(画像=fizkes/Shutterstock.com)
バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

売掛金とは掛け取引で生じた売上債権です。掛け取引について、個人の取引ではあまりなじみがないかもしれませんが、一定期間の支払いをまとめて支払うという点ではクレジットカードを使った買い物を想像すると分かりやすいでしょう。

企業間の商取引は仕入先や販売先を次々と変えることはなく、決まった先と継続して行われることが多いのが特徴です。

取引が長くなれば互いに信頼できる相手であることも分かるため、取引のつど請求・支払いを行うよりも一定期間の取引をまとめて請求し支払うという方法のほうが売り手も買い手も煩雑さがなく便利です。多くの場合、月末締めの翌月末払いといった取引を行っています。経理上は売上を計上する際にいったん売掛金を計上しておき、回収したら売掛金から現預金に振り替える処理を行います。

このように、売掛金は売上に直結した勘定科目ですので、売掛金が年々増えているということは、毎期の売上高が増えていると考えられます。売掛金が年々増えていることは基本的には歓迎すべきことといえるでしょう。

財務状況が良いケース