check
(画像=Shutter_M/Shutterstock.com)
バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

棚卸資産とは、卸・小売業なら販売用の商品、製造業なら生産に使う原材料・生産した完成品等の在庫を指します。

棚卸資産の管理において、企業は常に2つのことを考慮する必要があります。

1つは「欠品しない」ことです。例えば受注があっても、販売する商品がなければ出荷できません。発注元に納める商品がなければ、みすみす販売機会を逸してしまいますし、場合によっては同業他社に取引を取られてしまうおそれもあります。そのため、注文があったら、すぐにそれに応じられるように、ある程度棚卸資産を確保しておく必要があるのです。

もう1つは、「過剰に棚卸資産を抱えない」ことです。欠品しないことも大事ですが、過剰な棚卸資産は大きなリスクとなります。

例えば商品を多く仕入れれば仕入れるほど資金が多くかかります。すぐに売れれば早く資金化できますが、売れなければそのまま棚卸資産として滞留します。取扱商品が季節ものや生鮮品の場合には、売れ残ってしまうと廃棄せざるを得なくなり、その分が損失になることもあります。

また、保管する商品が多ければその分の保管スペース(倉庫など)を用意しなければなりません。自社が保有する倉庫だけでは足りず入りきらなくなれば、別途倉庫を借りる費用も新たに発生します。

このように、「棚卸資産を持ちすぎない」ことも事業においては大変重要なのです。

財務状況が良いケース