man
(画像=Lifestyle discover/Shutterstock.com)
バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

企業が金融機関などからお金を借りる場合、資金使途は大きく分けて2つあります。1つは運転資金、もう1つは設備資金です。

運転資金とは、通常の事業活動を維持するために必要な資金のことをいいます。例えば掛け取引の場合、回収までに1ヵ月や2ヵ月程度かかります。そのため、仕入等で支払いが発生するときに運転資金が不足することがあります。ここでいう運転資金は「経常運転資金(正味営業運転資金)」といい、次の算式で求められます。

・経常運転資金=売掛金+受取手形+棚卸資産- 買掛金-支払手形

経常運転資金のほか、従業員への賞与資金や、納税資金、立替金等の回収までのつなぎ資金なども運転資金に該当します。

1ヵ月から数ヵ月ほどの資金需要は、短期借入金とするのが原則です。金融機関の短期融資については返済期日に一括して返済することになっています。ただし、返済期日に返済原資がなければ金融機関と協議のうえ、再度同額を借り入れる手続きを行います。

複数の短期融資を受けたり、短期融資を繰り返したりする状況は、企業にとって手続きの負担が大きくなることから、長期借入金にして月々返済する方法をとることもあります。

一方、設備資金とは、企業が事業を行うために必要な土地・建物や、機械設備、冶具、備品などを購入するための資金をいいます。購入資金が高額になる場合には、一度に多額の資金を用意する必要があります。自己資金では賄うことが難しいため、設備資金として借入れを受けることになるのです。

財務状況が良いケース