情報開示の変更は小規模な機関投資家にとっては不利になるだろう

リスクの高いブローカーを抱える企業を対象にした預金口座の提案は、すでに否定的なフィードバックを集めている。

金融産業規制当局は、社債ブロック取引報告の価格報告を48時間遅らせるパイロット・プログラム案と、少数の会員企業に投資家保護のための緩衝材(現金や有価証券)の確保を求める可能性がある規制通知案について、コメントを受け付けている。

後者の「Regulatory Notice 19-17」は、制限付き企業に一定額の現金および適格証券の預金口座の開設を要求するものである。これらの資金は、将来の仲裁判断をカバーするために使用される可能性があり、FINRAの書面による事前の同意なしには撤回することはできない。