アポイント
(画像=PIXTA)

「頑張らなくてよい方法を考えよ」と言ったのは、トヨタ生産方式を作った大野耐一氏。ムダ・ムラ・ムリを徹底的に省くことを追求した大野氏の基本思想ですが、あらゆる仕事に共通するのではないでしょうか。
とりわけ営業職は、つい〝やること〟で安心感を得てしまうことも多く、しっかりと考えないと手帳の予定にムダな行動を記載してしまったりします。これこそがムダの温床。今回は、短時間でしっかり結果を出すための予定の立て方と、手帳に記入する際のポイントを紹介します。