昔の出来事です。阪神大震災のとき、私は関西にいました。14時に京都でアポイントがあったのですが、電車は動いていません。しかし、お客様は地震の被害が大きくなっていたことに気付いておらず、「会議に重役も招集されているので来てほしい」とのこと。そこで自転車で向かい、14時に間に合わせました。
いろいろと思うことはありましたが、私はこのときアポイントの時間を守って良かったと思います。自分がセールスのプロだからです。「プロは自分から、約束をたやすく変更しない」――これは絶対です。では、常に約束を守れるようになるためには、どうすればいいのでしょうか。今回は手帳でのスケジュール管理にプラスして意識したい時間管理の考え方について紹介します。