安定操作取引は、株式投資を行う上で、是非理解しておきたい仕組みの一つです。

とはいえ、

  • 安定操作取引とは?
  • 安定操作取引のメリットは?

という疑問をお持ちの投資家の皆様も多いかと思います。そこでこの記事ではそんな安定操作取引に対して疑問をお持ちの皆様のお悩みにお答えします。

具体的には、

  • 安定操作取引とは?
  • 安定操作取引は基本的に金商法で禁止されている
  • 例外的に安定操作取引が行われる場合
  • 安定操作取引を行うメリット
  • 安定操作取引を行うデメリット
  • 安定操作取引が行われる株式には注意しよう
  • まとめ

の順番に重要なポイントのみをご紹介いたします。株式投資を行う上で、知っておかなければならない知識ですので、これを機会に理解を深めてみてください。

安定操作取引
(画像=Getty Images)

安定操作取引とは?

安定操作取引とは、企業の円滑な資金調達をする目的で行われる行為であり、株価の固定・釘付けとも呼ばれます。

ある企業が、有価証券の募集・売り出しを通して新しく資金調達をする際、自社の株価が大きく変動したり、新株発行後に需給バランスの崩れによる株価の急落が起こる場合があります。こうした状況を防ぐために、企業は自社株の買い支えを行うことで、株価の安定を保とうとするのですが、この行為が安定操作取引と呼ばれます。

安定操作取引は基本的に金商法で禁止されている

安定操作取引は、金融商品取引法(第159条3項)において、特定銘柄の株価を一定の価格に保つことを目的とした相場操縦的行為であると規定されており、株価の公正な価格形成を妨げ、投資家の損害に繋がることから、基本的には金融商品取引法において不公正取引として禁止されています。

例外的に安定操作取引が行われる場合

安定操作取引は金商法によって禁止されていますが、例外的に認められる場合があります。

前述の通り、そもそも安定操作取引は、企業の円滑な資金調達をする目的で行われるものであり、その目的のためには株価を企業の望む一定の価格に保つ必要があります。よって、こうした株価を実現するために、企業が新しく有価証券の募集・売り出しをする際には、一定の条件を満たした場合のみ、株価を安定させる目的での企業による自社株の買い支え、つまり安定操作取引が認められているのです。

安定操作取引を行うメリット

安定操作取引を行うメリットは、上述のように、企業による新株発行・売り出し時における株価の大きな変動を防ぐことによって、企業が円滑に資金調達を行うことが出来る点です。

また、新株発行時における当該銘柄の株価急落を防ぐことが出来るのもメリットの一つになります。

安定操作取引を行うデメリット

安定操作取引を行うデメリットは、この行為自体が金商法で禁止されている理由にもある通り、市場の非効率的な価格形成を生じさせてしまう点であると言えます。

安定操作取引が行われる株式には注意しよう

投資家側から考えると、株式市場において安定操作取引が行われる銘柄は、注意して見ておく必要があると言えます。安定操作取引を行う企業は、安定操作届出書や安定操作報告書の提出が求められますが、それらの書類は、一般の投資家が東京証券取引所のホームページ上で確認することが出来ます。よって、投資家は、市場において安定操作取引が行われている銘柄を知ることが出来るのです。

そして、投資家は、そうした安定操作取引銘柄を自らの投資に活かすことも可能です。そもそも、安定操作取引が行われる銘柄の株価はどのような動きを示すのでしょうか。

例えば、ある企業が資金調達のために新株発行を行おうと考えたとします。その際、予め設定した新株の株価が、市場の株価よりも上回っていた場合、設定した株価では市場での売り出しが難しくなると考えられます。何故なら、同じ企業の株式であれば、投資家は株価が低い方の株式を購入するはずであり、わざわざ高いお金を払って新株の買い手になるとは思えないからです。よって、企業は、新株発行価格と市場での株価との差額を埋めるために、一定の条件の下で、市場の株式の買い支えを行うことになります。

つまり、安定操作取引に指定された銘柄の株価は、新株発行において設定された株価に向けて上昇する可能性が高く、投資家からすれば、こうした銘柄を事前に購入しておけば、両者の差額分の利益を得ることが出来ると言えます。ただ、こうした安定操作取引が行われている銘柄は、通常考えられる需給要因ではない要因で変動することがありますので注意が必要です。

以上より、投資家の方は、日頃より安定操作取引が行われる株式には注意しておく必要があると言えるでしょう。

まとめ

今回の記事では、株式投資を行う上で、知っておかなければならない安定操作取引についての解説を行ってきました。安定操作取引の意味やデメリットなど、一見簡単に理解することが出来そうなのですが、間違った解釈をしてしまっている場合やあいまいな場合が多くなるところかと思います。

実際に、株式投資を行ったことが無い場合は理解することが難しくなると思いますが、安定操作取引の意味や規則については他の金融商品に投資をする上でも役に立つことがありますので、今回を機会に是非理解を深めて頂ければと思います。(提供: The Motley Fool Japan


フリーレポート配信
モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、英国のEU離脱が差し迫る中、投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「ブレグジットの混乱を乗り越えて、よりよいポートフォリオを構築しよう:5ステップの投資ガイド」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。


記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。