ファイナンシャル・アドバイザー
(画像=PIXTA)

外貨建て保険に関するトラブルのうち、近年よくみられる苦情の事例とその原因を紹介する。

苦情パターン1
預金口座の開設に行くと「いい商品がある」と銀行員に勧められ購入。商品説明は聞いていてもよくわからなかったが、後日届いた契約書を見ると外貨建て終身保険だった。3年後、元本割れした。そんなことになるとは説明されていないので取り消したい(60歳以上)

原因
●不意打ち的な勧誘がある
●元本割れを契約者が認識できるまで説明していない

昨今、終身保険や個人年金保険などの一形態として「外貨建て」で為替リスクのあるものが販売されています。高齢者人口が増加する中、高齢顧客本人やその親族から消費生活センターに、外貨建て保険に関する苦情や問合せが寄せられています。