(画像=igorstevanovic/Shutterstock.com)

「万一」を想定して事前に対策を講じておけばトラブルの多くは防げる

不動産活用というと、一般的には賃貸アパートや賃貸マンションの建設が思い浮かぶのではないでしょうか。投資用の区分マンションを所有する方法もあるでしょう。最近では、空き家や古アパートをリフォームして貸し出すケースも増えています。

これらに共通するのは、賃貸住宅を供給して、入居者から賃料を受け取るということ。一定の住宅地では、賃貸住宅の需要は底堅いものがありますし、借り手が住まいとして利用するので、貸し手にとっては実態がわかりやすいという安心感もあります。