(画像=thodonal88/Shutterstock.com)

賃貸人や物件の状況に応じて賃貸管理業務委託の見直しを検討しよう

賃貸経営を安定的に継続していくためには、賃貸管理業務が非常に重要です。一口に賃貸管理業務といっても、①入居者募集から賃貸借契約締結、更新、解約明渡し等の契約関連業務、②賃料等の徴収、未集金の督促等を行う集金会計業務、③入居者からの相談や苦情の受付および対応等を行う運営業務、④建物躯体、設備、共用部分のメンテナンス、修繕、清掃等の業務と幅広いものです。

これらの賃貸管理業務について賃貸人(所有者)は、その一部あるいは全部を賃貸管理会社等に業務委託していることがほとんどです。賃貸管理会社としても、その期待に応えられるように、業務ごとに部署を強化したり、メンテナンス、修繕、清掃等を充実させるために専門業者と業務提携したりしています。