(画像=PIXTA)

店舗特有の「居抜き」の仕組みと利用時の注意点を正確に理解しよう

これまで、不動産活用で代表的な「住宅の賃貸」のトラブル対策や賃貸管理業務等についてお伝えしてきましたが、賃貸物件にはほかにも、事務所や店舗として利用されるものも少なくありません。今回は住宅ではなく、事務所や店舗として貸す場合における注意点を見ていきたいと思います。

まず、事務所や店舗が住宅と決定的に違うところは、事業を行うために賃貸借されるということでしょう。そのため、賃貸人側としては、万一、テナント(賃借人)の事業がうまくいかなくなったときなどにトラブルなく物件を明け渡してもらえるように、必要な対策を講じておかなければなりません。