(画像=Burdun Iliya/Shutterstock.com)

相続登記の未了や安易な共有は将来のトラブルの原因になる

相続登記とは、相続により不動産の所有者が変更された際に行われる登記です。相続登記で登記名義人を特定の相続人に変更することによって、誰がその不動産を引き継いだのかが明確になるため、その不動産を担保に借入をしたり、売却したりすることができるようになります。つまり、相続した不動産の活用を検討する場合には、相続登記が必須条件になるのです。

相続登記は、遺言書があればできます。ただし、遺言書は法的に有効なもので、相続登記をするうえでも不備のないものにしておくことが重要です。

万一、遺言書に不備があると、相続登記をするために相続人全員の協力が必要となるのですが、その際、遺言書の内容に不満を持つ相続人が協力してくれない危険性もあるからです。