(画像=AePatt Journey/Shutterstock)

資産活用の観点だけでなく相続対策も視野に入れて慎重に検討することが大事

敷地が周辺の区画よりも大きな実家を相続した場合、固定資産税・都市計画税や庭木の手入れ等の維持管理に負担を感じる方も少なくありません。特に地価の高いエリアでは、現実的な問題として、かなりの負担があるでしょう。

一方で、その敷地に賃貸住宅を建築すれば、一定の賃料収入を確保することができます。あるいは、その敷地の一部を売却することで、まとまった資金を手に入れることができます。

広い庭等を所有することに価値を見出せる場合を除くと、相続した実家の大きな敷地をそのままにしておくということは、経済的な面における土地の有効活用ができていないといえるかもしれません。