(画像=tuaindeed/Shutterstock.com)

前回は「『同感』と『共感』の違いを押さえて傾聴の技術を練習すること」が重要だとお伝えしました。傾聴の技術の中で、最初に身につけたいスキルが「うなずき」と「あいづち」です。

うなずき、あいづちの効果として一般的に知られているのは、話を遮らないことにより、相手に自由に話をさせることです。しかし、言いたいことをただ吐き出すだけであれば、話す相手はあなたでなくても、お地蔵さんでもかまわないことになってしまいます。それでは人と人とのコミュニケーションとしては非常にもったいないので、今回は、「あなたに聴いてもらえてよかった」と思ってもらえるように、傾聴スキルとしてのうなずき、あいづちについて解説していきます。