基本的
(画像=PIXTA)

個人の取引時確認はこう行おう

①取引時確認が必要な取引の判断

▶次のような特定取引等に該当する場合、取引時確認を行うことになる

  • 口座開設や、貸金庫・保護預かりなどの契約を行う取引
  • 200万円を超える現金・持参人払式小切手などの受払いを伴う取引
  • 10万円を超える現金振込、10万円を超える現金を持参人払式小切手で受け取る取引
  • 融資取引
  • その他状況に応じて必要と判断されたとき など