ファイナンシャル・アドバイザー
(画像=PIXTA)

今やSNSは、個人にも企業にも不可欠なプラットフォームとなりました。ICT総研の「2018年度SNS利用動向に関する調査」によると、国内のSNS利用者は2020年末に7,937万人(普及率78.7%)に達すると見込まれます。

さらに、誰もが気軽に情報取得だけでなく発信できるようになったことで大量の情報があふれ、生活者は欲しい情報を「検索」で入手するようになりました。特に「SNSで検索」するユーザーが増えているのは特筆すべき点です。

この理由には「SNSで検索すると、他のユーザーの“生の声”が得られるから」などが考えられます。企業や個人事業主は、こうした「生活者の行動の変化」を意識してマーケティング活動を行う必要があるでしょう。

皆さんの中にも「SNSを活用したいが、どう使えばいいかわからない」と悩んでいる方がいるのではないでしょうか。本稿では、今日からすぐに実践できる「SNSの効果的な使い方」をQ&A形式で解説したいと思います。

Q1 新規顧客を増やして相談業務につなげたり、セミナーに多くの人を集めるには?