債権の構造、格付け、流動性が問題だろう

S&Pが主催した最新の保険カンファンレンスでは、不透明な証券会社、フォーリン・エンジェル、そして資産の流動性について話し合われた。

S&Pグローバル・レーティングスのアナリストたちは、水曜日に開かれた同社の最新の保険カンファレンスの出席者に対し、生命保険会社の資本水準、投資ポートフォリオ、およびレーティングは良好であると繰り返し強調した。

S&Pのアナリストは、生命保険会社の平均格付けはA+であるが、これらの保険会社の総資本はAAの格付けを得るために必要な資本より10%多いと結論付けている。