足元で市場が急拡大しているクラウドファンディング。ある情報サイトのアンケート調査では、7割近い人がその存在や仕組みを知っているという結果になった。それだけ、クラウドファンディングが身近なものになり、プロジェクトに「共感」する人々が増えつつあるということだ。今回の特集ではクラウドファンディングそのものの解説から、業界大手企業の代表者へのインタビューや実際にプロジェクトを実行した企業への取材記事などを掲載。クラウドファンディングの真髄に迫る。

成長を続けるクラウドファンディング市場

”革命前夜”のクラウドファンディング
(画像=Hilch / shutterstock.com、ZUU online)

おそらく、この記事に目を通し始めたあなたは、次のいずれかに該当するのではないだろうか。従来の投資では得られなかったプラスアルファの満足感を求めている人か、資金面がネックとなって長年温めている夢を実現できていない人である。

クラウドファンディングについては、すでに多くの人がある程度は認識しているようだ。融資・借入情報サイトの「資金調達プロ」が2018年12月に発表したアンケート調査では、クラウドファンディングについて「仕組みを知っている」あるいは「名前を聞いたことがある」と回答した人が全体の67.2%に達していた。

あるシンクタンクの調査によると、国内のクラウドファンディングによる資金獲得額は2014年度に221億9100万円だったが、2018年度には2044億9900万円に達したという。数年のうちに目覚ましい勢いで普及しているわけだ。従来の投資商品とは異なる魅力に惹かれてお金を出す人と、クラウドファンディングによる資金調達で夢を実現しようとする人が急激に増えているということである。

ここで、改めてクラウドファンディングとは何かについて説明しておこう。クラウドファンディングは、クラウド(群衆)とファンディング(資金調達)という言葉をミックスした造語である。「特定の目的のために、インターネット上で不特定多数の人たちから少額ずつ資金を集める」ための手段や行為を意味する。

まず、資金を求めている側は、自分(もしくは自分たち)が構想を練っているプロジェクトについてネット上でプレゼンテーションし、賛同を呼びかける。そして、それに共感した人たちが少額ずつ資金を出し合い、そのプロジェクトの実現、達成を支援するというのが基本的な流れである。

ここまで爆発的な普及ぶりを示しているのは、資金を出す側とリターンを受け取る側にクラウドファンディングならではのメリットがあるからだ。この特集ではそれを明らかにしつつ、両者(出す側と受け取る側)が存分に恩恵を享受できる活用法や、クラウドファンディングが抱えるポテンシャルなどについて検証していく。

キーワードは「共感」や「一体感」