市場が急拡大しているクラウドファンディング。いまや人々の生活にも当たり前のように普及し始めている。CAMPFIREの大東洋克さんは、「クラウドファンディングは金融のあり方はもちろん、産業構造そのものを変える可能性がある」と指摘。すでに、CAMPFIREは出版業界に革命を起こしつつある。ここでは、大東さんの話を中心に、クラウドファンディングが秘める力や可能性を探っていく。

クラウドファンディングで広がる“ライトな共感”

CAMPFIREの大東洋克取締役COO
CAMPFIRE取締役COO 大東洋克氏(写真=永井浩)

6月某日、電車で移動中にCAMPFIREのサイトを何気なく眺めていたら、ロケット型蚊取り機「ROCKET」というプロジェクトが目に止まった。「可愛い見た目と安全安心なデザイン! 体には無害で光と空気の力で蚊を誘い込む蚊取り機」というコピーと、ユーモラスなフォルムを描く製品の写真が好奇心をくすぐられたのだ。赤外線で蚊を誘引して、捕虫カゴに吸い取る仕組みだという。

確かに、これなら危険ではなさそうだし、これからの季節に重宝しそうだ。募集終了まで残り6日。すでに125人が支援しており、10万円の目標額に対して39万320円を獲得している。

一瞬、「目標の3倍超を達成しているなら、自分はいいか……」と思ったものの、すぐさま考え直して「このリターンを選択する」をタップした。 通常販売予定価格4980円に対し、40%オフの2980円(100台限定)の枠はすでに在庫切れとなっていたが、26%オフの3,680円(100台限定)はまだ枠が残っていたからだ。

完全に通常のショッピングの感覚でこの蚊取り機を手に入れたわけだが、結果的にはこのプロジェクトを発足させた会社を支援したことになっている。「おお、いいじゃん!」という“ライトな共感”が広がることで叶えられる資金調達。いまやクラウドファンディングは、ここまで日常の暮らしに溶け込み始めている。

「クラウドファンディングは単にお金を出すだけにとどまらず、その先に存在しているものがあります。特に、『購入型』はeコマース(電子商取引)に近い感覚で支援するケースが多いようですが、単なるショッピングではなく、ヒト、モノ(サービス)、カネ、これら3つが必ず関わってくる。たとえば、当社スタッフの奥さまは『駆除されたイノシシで革細工を作る』というプロジェクトを立ち上げました。害獣とはいえ肉だけ食用に回して川を捨ててしまうのは忍びないという思いから始まったもので、賛同した人たちがお金を通じて、その活動を応援しているわけです」

こう語るのは、CAMPFIREの大東洋克取締役COO(最高執行責任者)だ。同社はクラウドファンディングおいて「購入型」プラットフォームのCAMPFIRE、「寄付型」プラットフォームのGood Morningを運営し、プロジェクト掲載数2万件、支援者数延べ108万人、支援額105億円超という国内随一の実績を築いてきた。

近日中には、CAMPFIRE Ownersというサービスが新たにスタートする。これまで取り扱ってきたクラウドファンディングとは何が違っているのだろうか。

“革命前夜”のクラウドファンディング特集#02
CAMPFIREで実現したプロジェクトから生まれたグッズの数々(写真=永井浩)

クラウドファンディングが日本の金融を変える