クラウドファンディングのプロジェクトは千差万別。プロジェクトごとに目的や内容が異なる。「自分が惚れたスープカレーをもっと大勢の人に食べて欲しい」、「自分達のデザインをもっと世に広めたい」、「レトロなカメラを復刻させたい」――。取材を通して感じたのは、彼らがそのプロジェクトにかける思いの数々。彼らがクラウドファンディングを活用したのは、資金調達以外にそれぞれの理由や思いがあった。(取材・文 ZUU online magazine編集部 新井奈央)

特集第3回に続いて、今回もプロジェクト発案者(起案者)たちのクラウドファンディングの経験談を紹介していこう。

仲間が集結して呼び込んだ札幌の味! SUAGEのケース

クラウドファンディング特集#04
左からsuageのスープカレー、YASHICA、しろくま湯たんぽ(画像=各プロジェクト起案者提供)

「suage」は、札幌で数店舗を展開するスープカレーの有名店。札幌ではスープカレーの人気店として知られているが、東京にはまだ店舗がなかった。今回、取材を受けてくれた竹下遼さんが勤める会計事務所では事務所の代表が札幌出身で、以前から「東京にsuageの店舗があったら嬉しいね」などと話していたという。実は竹下さんも北海道出身で、同じ思いを抱えていた。現在、その竹下さんはsuage渋谷店の運営本部のマネージャーを務める。

「東京にもスープカレーのお店がいくつか進出していますが、代表も私もsuageの大ファンでした。こっちに店舗ができないものかと前々から思っていたんですが、だったら自分達で作ってしまおうと思い立ちました」(竹下さん)

スープカレーは1970年頃、札幌の飲食店が考案したとされる。チキンや豚、野菜などから取ったダシにたくさんのスパイスを合わせた薬膳カレーだ。2000年代半ば、横浜にある「カレーミュージアム」でスープカレーを扱ったことをきっかけに、札幌の「ご当地グルメ」としてブームが到来。その後ブームは落ち着いたが、地元の札幌ではソウルフードの一つとして定着している。

竹下さんが勤める会計事務所では飲食事業を手掛ける顧客もいたほか、会計事業の傍らカフェ事業なども展開していたため、飲食業の経営には多少のノウハウがあった。とはいえ、SUAGEとは何のパイプもなかったことから、とりあえずSUAGEのホームページで問い合わせをしてみるところからスタート。その後、東京での店舗をオープンする計画を進めることになった。ではなぜ、クラウドファンディングを活用しようという考えに至ったのか。