変化していく産業界のニーズを満たすプログラムになるだろう

同社の社長兼CEOであるShirl Penney氏によると、これは現在一部の証券会社が提供している返済免除条件付き手形構造に似ているという。

「Dynasty Financial Partners」は、独立するアドバイザーのための新たな資金調達プログラムを開始すると発表した。

RIAのサービスグループによると、同社の「Freedom Note」はネットワークに参加する資格のあるアドバイザーに、年間の手数料の割合に応じた「返済免除条件付き融資」を提供する。この金額は、RIAの収益の一部で返済する必要がある。それが実現すれば、アドバイザーはRIAの全株式を保有し「Dynasty」とのパートナーシップを通じて活動を続けることができる。

例えば、アドバイザーは12ヶ月分のトレーリング収益の100%を受け取ることができる。融資期間中、彼らはこの収益の65%を受け取り、その35%は融資金利、主要サービス、ネットワークのミドル・バックオフィス・サービスへのアクセスのためにDynastyへと送られる。