税制改正によって失われるよりも多くの慈善基金を生み出す可能性がある

ある研究では、控除項目の内訳を明らかにしない納税者による慈善寄付を奨励する方法が検討された。

非営利の提唱者である「Independent Sector」が発表した調査によると、2017年に大幅な税制改革が行われた結果、2025年までに慈善団体への寄付を行う世帯が260万世帯減少し、毎年191億ドルの寄付が減少する可能性があるという。

新しい税法では、所得の内訳を明らかにした人だけが寄付を差し引くことができる。標準控除額を2倍に増やし、明細を作成する納税者の数を大幅に減らした。