自分自身で財政状況を改善させることが重要である

同社の年次退職者向け貯蓄調査により、目標期日型ファンドなどの計画機能のおかげで、プラスの傾向を示していることが明らかになった。

米国議会が2006年に年金保護法を可決して以来、年金基金のスポンサーは、従業員の退職後の貯蓄行動に影響を与え、好ましい結果をもたらすために、計画設計をますます利用するような傾向にある。

火曜日に発表されたVanguardの「How America Saves2019」のレポートによると、自動貯蓄機能の採用が増えたことで、より多くの従業員が最適に近いレベルで貯蓄し、より効果的に貯蓄できるようになったという。