loan approved
(画像=Castleski/Shutterstock.com)

証書貸付は手形貸付や手形割引、当座貸越等と並び、代表的な融資形態の1つです。証書貸付の「証書」とは「金銭消費貸借契約証書(借用金証書)」のことをいい、これに記載された融資契約(条件等)に基づき融資を行います。

一方、手形貸付は約束手形の振出、手形割引は商業手形の売買、当座貸越は当座貸越契約に基づき融資を行います。

それぞれの融資形態には様々な特徴があります。資金使途や返済財源、返済期間、返済方法、利息の支払方法、金利形態などを検証・検討したうえで、適切な融資形態で融資することが求められます。

今回取り上げる証書貸付には以下のような特徴や性質があります。

①長期返済型の融資に最適
②元金の返済方法が選べる(元金均等や元利均等の分割返済・一括返済)
③運転資金・設備資金のどちらでも対応できる
④融資利率が明記され、利息の支払方法が選べる(前払い・後払い)

長期間の分割返済ができる