man
(画像=Pixel-Shot/Shutterstock.com)
バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

信用保証協会(以下、協会)は、中小企業者が金融機関から融資を受ける際に、その債務の保証を行うことによって金融の円滑化を図り、中小企業者の健全な発展を助成するために信用保証協会法を根拠法として設立された特殊法人です。

協会の保証を使うことによって資金調達力を高めることができるため、財務力や信用力が相対的に低位にある中小零細企業や個人事業主等にとって資金繰りの安定化に不可欠な存在といえます。

協会の保証の対象となる融資は、所定の規模・業種の中小企業者が事業に必要な運転資金または設備資金等に限られており、保証金額や保証期間に一定の制限が設けられています。

中小企業者が協会保証により金融機関から融資を受けたときは、金融機関を通じて所定の信用保証料を支払う必要があります。

協会の保証制度には、普通保証や無担保保証などの「一般保証」や、セーフティネット保証(経営が不安定になった中小企業への融資に関する保証制度)などの「別枠保証」、都道府県や市町村などの自治体が金融機関や協会と協調して設けている「制度融資」の3種類があります。協会の保証は、金融機関の融資に携わる行職員にとっては必ず理解しておかなければいけない知識といえます。

代位弁済の仕組みをしっかり説明する