デジタル化,人材
(画像=PIXTA)

〈口座を利用した取引〉 ケース8
事業内容や事業規模等に見合わない額を口座から振り込むよう依頼された

口座は、犯罪収益の受取りやマネロンを行う手段として利用される可能性があります。

金融機関の担当者としては、常日頃から口座の動きに注意を払う必要があります。疑わしい取引を発見した場合には速やかに疑わしい取引の届出を行うかどうか検討します。

犯罪収益移転防止法においては、疑わしい取引の届出を行うか否かは、次のような方法で判断することとしています。